ヤッチーのブログ

PHP,Bootstrap,J Query,Swiftやサーバ管理、トラウトのルアー釣り、ハードロック等の記録です

元唄 はじめうた 元ちとせ 奄美シマ唄集

f:id:php-7com:20181119003154j:plain

元唄 はじめうた 元ちとせ 奄美シマ唄集

ハイヌミカゼ」「ノマドソウル」「ハナダイロ」等で歌声は、百年に一度などと形容されている「元ちとせ」さんのニューアルバムです。

ネットで注文しましたCDが到着しました。早速聴いてみました。

いままでの一連のJ POPやワールドミュージック風なのとは、まったく違い、元ちとせさんの原点の奄美民謡のみのアルバムでした。私用されている楽器も三味線のみ(豊年節を除く)。中 孝介さんが時々、変化をつけるためか歌ったり、囃子を入れる箇所があります。いわば、三味線での弾き語りです。奄美のこれがトラディショナルなものなんでしょうね。

 

朝花節

唄のはじまりは、朝花節からはじまる習わしなのでしょうか?出だしから、彼女のあの独特な歌い方が堪能できます。

くるだんど節

島ぬ宝 という言葉が出て参りますが、ビギンも「島人ぬ宝」という歌がありましたね。奄美の宝物は、鰹や黒砂糖、いやいや島の気立ての良い娘という唄です。島の宝は、奄美の民謡ということでしょうか。

渡しや

なんとなく、沖縄民謡のカチャーシーのような。ちょいと激しい感じです。この唄のみ太鼓がドンドンと。奄美の集落では、祭りなんかで歌われていたのでしょうか?元ちとせさんの囃子もノリノリです。

 

私は奄美民謡は全く知りませんが、奄美のトラディショナルな曲を元ちとせさんは最高の状態で録音したかったのでしょう。元ちとせさん、中孝介氏の三味線、奄美民謡の独特な歌い回しを楽しめるアルバムでした。また、奄美民謡を少しかじってみようかと思いました。

そういえば、沖縄民謡の居酒屋は多いですが、奄美民謡が楽しめる居酒屋は聞いたことがありませんね。これを機会に、奄美民謡もメジャーになっても良いか。BOOMの「島唄」、ビギンの「三線の花」「島人ぬ宝」などは三線だけでも弾き語りできるために「沖縄民謡」はメジャーになったかと推測します。

無理があるのかもしれませんが、クラプトンの「アンプラグド」のように、「ワダツミの木」などを元さんのボーカルと三味線のみでの弾き語りを聴いてみたいなと思います。

「元唄 はじめうた 元ちとせ 奄美シマ唄集」よかです。古民家で聴いていたい。

でも、やっぱり、「ハイヌミカゼ」「ノマドソウル」「ハナダイロ」のようなアルバムを次回こそは発表してほしいです。

 

www.php-7.com